*

ゲイの街・札幌&秋田で割り切りを!

*

ゲイが札幌や秋田で暮らす理由

*

秋田の割り切りは通常停止している

さて、普段歩く私にとっては、

 

非常に迷惑で怖い乗り物と運転がたくさんあります。
特に気になっていたことは約3つあります。

・「ハザードランプで走る車」秋田の割り切り

なんらかの理由でこれをしている人には申し訳ありませんが、ハザードをオンにして通常の速度で走っている車ほど怖いものはありません。
これは、移動、停止、右折、左折のいずれかがまったくわからないためです。
歩行者側から見ると、それは「ランダムに動く鉄の塊」にすぎません。
…ダニに気づきません。
いや、気づかないと乗ったら気分が悪い…

・「Dレンジで話すドライバー」秋田の割り切り

運転席に座っている運転手と助手席の外の歩行者の2人が喜んで話していました。
しかし、車が少しずつ前進しているように感じたのは私の錯覚でした。
突然、歩行者が突然「Play!」と言いました…
車は少しずつ進歩しているようで、ドライバーは急いでブレーキを踏んだ。秋田の割り切り
「立ち止まって長い間話したら、きちんと駐車しましょう」と思いました。
ブレーキを踏まないでください…尋ねられたもの以外にたくさんありませんか?

・「私の顔のある上級車」

「上級車」は、歩行が困難な人や障害を持つ人がよく使用します。
4輪すべてで走る「車」ですが、時速6 kmまで走行でき、運転免許証やヘルメットは不要です。
ほとんどの人は注意して走り回りますが、「私の顔」であり、信号を無視したり狭いスペースに突入したりする人はごくわずかです。秋田の割り切り
…いいえ、相手は時速6kmでも「鉄の塊」なので、歩行者にとってはかなり怖いです。上級車のドライバー。

最初に言ったように、事故は失われません。秋田の割り切り

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です